[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6. 再帰的動作

ほとんど全ての CVS のコマンドは、 ディレクトリを引数に取ったときに再帰的に動作します。 例えば、次のディレクトリ構造を考えます。

 
      $HOME
        |
        +--tc
        |   |
            +--CVS
            |      (内部 CVS ファイル)
            +--Makefile
            +--backend.c
            +--driver.c
            +--frontend.c
            +--parser.c
            +--man
            |    |
            |    +--CVS
            |    |  (内部 CVS ファイル)
            |    +--tc.1
            |
            +--testing
                 |
                 +--CVS
                 |  (内部 CVS ファイル)
                 +--testpgm.t
                 +--test2.t

現在のディレクトリが `tc' であれば、 以下が成立します:

引数を付けない update コマンドは現在の作業ディレクトリと全ての サブディレクトリを更新します。言い替えると、`.' は update の既定引数です。これは update コマンドだけではなく、たいていの CVS のコマンドにも当てはまります。

`-l' オプションを付けることによって、 CVS の再帰的な動作を抑止することができます。 逆に、`-R' オプションは `~/.cvsrc' で `-l' が指定されて いるときに再帰的動作を強制するために使うことができます (see section A.3 既定オプションと ~/.cvsrc ファイル)。

 
$ cvs update -l         # サブディレクトリのファイルは更新しない。


[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Yoshiki Hayashi on October, 13 2004 using texi2html