[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

14. 構築システムと CVS の関係方法

紹介で書かれているように、CVS にはソースコードからソフトウェアを 構築するためのソフトウェアはありません。この部分は構築システムが CVS と協調するかもしれない種々の側面を説明します。

RCS に慣れている人からの特に多い、よくある質問は、どうすれば構築 機構が最新のソースのコピーを手に入れることができるか、ということです。 CVS では2重になります。まず最初に、CVS はディレクトリを再帰 的に辿ることができますので、各ファイルが最新であることを確認するために `Makefile' (もしくは、構築ツールが使う設定ファイルの名前) を修正 する必要はありません。その代わりに、まず cvs -q update として、 それから make や構築ツールを起動するコマンドを実行するという2つ のコマンドだけを使います。2番目に、あなた自身の作業が終わるまで、誰か の変更したコピーを取得したい と思わないかもしれません。1つの方 法はまずソースを更新して、それから実装、構築し、考えていた変更を試して からソースを格納する (必要ならまず更新します) というものです。定期的に (変更の合間に、さっき書いた方法で) 木全体を更新することで、ソースが十 分に新しいことを保証できます。

よくある要求は、どのソースファイルのどのリビジョンが特定の構築に相当す るかを記録することです。このような種類の機能は bill of materials などと呼ばれることがあります。CVS で実現する最良の方法は tagコマンドがどのバージョンが与えられた構築に相当するかを記録す ることです (see section 4.4 タグ--文字によるリビジョン)。

CVS を一番素直な方法で使うと、それぞれの開発者は特定の構築に使わ れるソースツリー全体のコピーを持っています。ソースツリーが小さかったり、 開発者が地理的に離れたところにいるのなら、これが好ましい解決方法です。 実のところ、大きなプロジェクトを遂行する手段の一つはプロジェクトを小さ な分割してコンパイルされるサブシステムに分け、開発者に必要なことは主に 作業しているサブシステムだけを取り出すだけにするように、内部でリリース する方法を作ることです。

別の手段は、開発者にいくつかのファイルのコピーだけの所有をして、他のファ イルには中央管理下のソースファイルを見に行くことができるようにする機構 を設定することです。多くの人は、大部分のオペレーティング・システムにあ るシンボリックリンクや、make の多くのバージョンにある VPATH 機能を使う様な解決法に到達しました。 このような種類のものを助けるために設計された構築ツールに Odin というも のがあります (ftp://ftp.cs.colorado.edu/pub/distribs/odin 参照)。


[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Yoshiki Hayashi on October, 13 2004 using texi2html