[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

11. リビジョン管理

ここまで読んだあなたは、 CVS を使って何ができるかを、もう随分理解しているでしょう。 ここでは、あなたが決めるべき事柄について少し説明します。

あなたが一人で CVS を使用して開発しているならば、 ここは読み飛ばして結構です。 複数の人物が同じリポジトリを使って作業する場合に、 ここで説明する問題が重要になってきます。

11.1 いつ格納すべきか?  この問題の論議


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

11.1 いつ格納すべきか?

あなたのグループは、格納の時期に関して、 どのような方針を採るか決めておく必要があります。 幾つかの方針が可能であり、CVS での経験を重ねることによって、 独自の方法を見付けることができるでしょう。

とにかく早く格納することにして、 コンパイルもせずに格納してしまったとします。 あなたの同僚が、作業ソースを更新して あなたのバギーなファイルを取り込んだ場合、 彼はコンパイルができません。 逆にめったに格納しない場合、 同僚はあなたがコードに加えた改良の利益を得ることができず、 衝突がより多くなるでしょう。

コンパイルできるかどうか確認したファイルだけを 格納する方法がよく採られます。 あるサイトでは、ファイルが検査に合格することを要求します。 `commitinfo' ファイルを使用して (see section C.4 管理用ファイル Commitinfo)、 このような方針を強制できますが、その前によく考えなくてはいけません。 十分過ぎる程管理された開発環境を作ると、 厳格になり過ぎて、非生産的になり、 ソフトウェアを書くという目的が果たせなくなります。


[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Yoshiki Hayashi on October, 13 2004 using texi2html