2000年8月1日から8月15日

* 2000/08/15

GC

train algorithm の paper を読もうとするが、長時間起動するとやばいので 4 page で止める。東京にいるときに印刷しておけばよかった。

Richard Jones の本を買うべきかどうか再び迷う。 一万円は痛いなぁ、やっぱり。

ThinkPad

長時間 (といっても2時間) 動かし続けたせいでまたもや HDD が止まる。 またピーガッガッガッという何とも言えない音を聞くはめになる。 東京に戻るまで持ってくれることを祈るのみ。

* 2000/08/14

Good grief

BS2 で、snoopy (題名失念) を見ているとしょっちゅう出てきたので 覚える。

* 2000/08/13

留学生

大阪外大に帰る。1週間で2人留学生が来て帰ってしまったので、 家の中が一気に寂しくなる。先に東京に帰った去年ホームステイに来ていた 留学生は、富士山にキャンプに行っている模様。

Hard Disk Drive

いつまで持つか心配。

* 2000/08/12

花火大会

神宮の花火大会は人が多そうなので回避したが、稲美町花火大会は 留学生と共に見にいく。

* 2000/08/11

Misc

2日ぶりに Internet に繋ぐ。健全な生活だ。:-)

* 2000/08/10

Misc

あまり長時間動かすとやばいので起動すらさせず。

* 2000/08/09

HDD

全然大丈夫じゃないです。100% 再び crash すると信じて疑いません。(^^:; HDD は基盤交換の後 (3日後) に新しくなったので、その関係では無いとは 思いますが。

mail は imap 上に残しているとは言え、2週間分の .newsrc.eld が消えるのは痛い。 この前 crash したときは、anacron で locatedb の作成中に apt-get が走りつつ XEmacs の compile 中だったので、東京に戻ってから同じことをやると かなりの確率で壊れてくれそうな気がする。

TOEFL

実は LISTENING は思っていたよりは難しいことに気付く。知らない分野の 問題が出るとかなり厳しい。

* 2000/08/08

THE TESTAMENT

2/3 くらいまではあんまりおもしろくなかったのだが、それ以降は それなりにおもしろかった。この前書いこんだ中で残っているのは The Runaway Jury のみ。これは帰りの新幹線まで取っておこう。

* 2000/08/07

XEmacs 21.1

XEmacs 21.1.12 is released.

ThinkPad

またもや前回と全く同じ症状の HDD の読み取りエラーで固まる。 カコン、カコンと何とも嫌な音を発してくれる。 東京に戻るまでは酷使しないようにしよう。HDD 交換から1ヶ月しか 経ってないぞ。(;_;)

sql.el

hammer.prohosting.com/~gumbart/emacs.html にある sql.el が古かったので、 XEmacs の prog-mode の package に付いてくる sql.el の最新版の場所を 尋ねると www.geocities.com/kensanata/emacs.html にあるということを教えてくれた。

EMY

EMIKO と sync しておく。

Misc

今は再び HDD の調子は良さそうだが、どうも信用できないので 修理に出すことを考えてとりあえず lilo.conf の default では Windows が立ち上がるようにしておく。

* 2000/08/06

留学生到着

禁コンピュータ日。

* 2000/08/05

ThinkPad

またもや HDD が異音を発している。しかも一回読み込みに失敗して固まった。 余命いくばくも無し、という感じがする。

Wanderlust

再び source を眺める。mbox 対応はたいした手間では無いような気がする。 たぶん nnfolder もどきも作れるだろう。mailing list の archive を local の imap server にぶち込みたいという理由だけでそこまでするか どうかは謎だが。

source の最後に余分な space が付いていることがある。checkdoc を かけまくると大量に diff がでそうな感じ。

Misc

とりあえず hack は新幹線の中まで持ち越し。でも新幹線の中では本を読んでそうな 気がする。

情報工学

実は昨日受験票が届いていたことに気付く。

* 2000/08/04

www.sodan.org

止まっている。www.sakura.ad.jp ですら届かない。 何だか金曜日によく落ちるような気がするんだけど、気のせいかなぁ。

owner-xemacs-beta-ja

意外にも結構 error mail が飛んでいることが判明。

XEmacs

帰省前になるべく patch queue を減らしておこうとがんばる。

岡田さん

何と明石の御出身らしい。しかも、岡田さんのいらっしゃる研究室 に私の高校時代の同級生がいるらしい。 世の中狭すぎ...

加古川東出身だからといっていじめないでくださいね。:-)

* 2000/08/03

DVI

うーむ。LANG が ja で無いときに日本語の dvi を dvi2ps に食わせると 変な PostScript を吐く。やっぱり LANG=ja で暮らすべきか...

Subversion

Kerl Fogel, Jim Blandy と書いてあるだけでなんか良さそうな気がする。

ASF の Brian が Linux Conference か何かで tigris のことに触れていて どこにあるのだろうと思っていたのだが、www.tigris.org にそのものズバリのものがあったとは。

XEmacs

Alastair さんの patch をあてる。cut & select は彼の作業前にくらべて かなりまともになった模様。

どうも昨日の access log を眺めたかぎりでは Martin は Solaris 2.6 上で MSIE 5.0 を使っているらしい。

TOEFL

受験票が届く。帰省前に着いて助かった。会場は東京水産大学。 第2 area に神戸を選んでいたので、2週間後に東京に戻ってきて 受験票を見て実家にとんぼ帰りという最悪の案は回避できた。

* 2000/08/02

Meadow

なぜか XEmacs の web から私の Meadow の page に link されているので、 やっつけ仕事で英語版の page を作ってみる。

cvs.xemacs.sourceforge.net

local からだと死にそうな速度である。 何だか間欠泉のような感じで packet が流れてくる。

XEmacs

(string-match "\\=" "a") で crash する bug を fix. code は間違ってなくて単に bug check 用の assert に ひっかかっていただけなので、assert しないようにした。

xemacs -vanilla で tab を click していると落ちた... 隣合う tab 以外を click すると必ず落ちることを発見。

一日に XEmacs を build する回数が二桁に達したりすることがある というのは間違っているような気がする。だからよく ThinkPad が壊れるのだろうか。

* 2000/08/01

Misc

気がつくと既に八月である...

XEmacs

いくつか patch を当てる。いくつか bug 報告が出ているが、知らないところ ばっかりなのでとりあえず先延ばし。



copyright (c) Yoshiki Hayashi <penny@sodan.org>