2000年5月16日から5月31日

* 2000/05/31

XEmacs photo

似顔絵ってのはありかもしれません。Jareth さんの例もあるし。 Steve さんの犬、守岡さんの猫というのは非常に謎ですが。

/etc/mailcap

えーと、FLIM に手を入れるのが一番まっとうなのですが、chao を require して しまうのが嫌なので相変らず EMY が膨れています。たぶん threshold を 超えたら一気に EMY と FLIM の version を変えて作業を始めてしまうのでは 無いか、とは思っています。

実は Debian の /etc/mailcap には entry がたくさんあるのに使わないのは もったいないな、と思ってやったのですが、needsterminal なものとか、 あんまり期待したように動いてくれないのもあります。今週は結構 忙しいので、もしかしたら現実逃避パワーが溜まって fix に走るかもしれません。 予定は未定ですが。(^^;;

* 2000/05/30

XEmacs 21.2.34

今回は正しい時に release されたと思う。

XEmacs photo

仮に Martin が m17n99 のときに撮った私の写真をまだどっかに持っていたとして、 追加していい? と聞かれたら拒否します。つまり、写真嫌い。 about.el も名前だけは追加したけど、あれ以上は書かないと思います。 要するに、宣伝が嫌いなのです。日本人ですし。:-)

そういえば、Semi-gnus 京都会議で岡部さんが撮った写真を未だに ディスクの中に飼っているのだが、どっかに貼り付けるとやっぱり まずいだろうか。

と、himi さんをつついてみるとどっかで反応があるかなぁ。

* 2000/05/29

EMY

普段 maintenance をしている人間は現実逃避としてやっているので、 質問が増えたりしてあまりにも負荷が高まると劇的に反応が遅くなる可能性が あります。:-) で、楽をするために開発者系の方々を EMY の開発、 維持に取り込もうと企んでいます。

もちろん、GNU GPL で公開している software なので、宣伝して頂いて何の 問題もありません。単に、今は優良 user ばかりなので、そのまま楽したい、 という私のわがままな希望です。:-)

TODO

ふと眺めてみて、ほとんど形骸化していることを発見。

* 2000/05/28

EMY

現実逃避パワーが炸裂して、以前 emacs-mime-ja に出ていた上野さんの mail と Gnus の実装を見ながら /etc/mailcap 等も見にいくようにする。 何度も parse させるとどんどん entry が増加していったり、 何かどうも /etc/mailcap の parse が上手くいっていないようだったり、 以前から不満に思っている部分があったりするものの、変更が大きくなりそうなので とりあえずこれ以上は見ないことにする。

XEmacs

Minimal tty build では font-lock が動かないことを発見。

mule-win32

emacs-mima-ja 等も同じ server からきていて誰でも投稿できるのに、 最近 mule-win32 だけが SPAM で汚染されているのは何故だろう。

Mew

規格違反な mail に寛容になったらしい。変数で切り替わるらしい。 すばらしい。

ふと思ったんだけど、普段批判ばっかりしているせいで、(皮肉ではない)。 みたいに書いておかないと誤解されてしまうだろうか。:-)

飲み会

久しぶりにサークルの飲み会、じゃなくてコンパに参加する。 普段全く飲まないのに、なぜか最近飲み会が集中している。

* 2000/05/27

Misc

前日飲み過ぎたせいで、睡眠を取りまくる。かろうじて4時頃に五月祭に 出かけて、友人の演奏を聞いてくる。半年ぶりに会う友達もいたりして なかなか有意義に過ごせた。

* 2000/05/26

EMY code name

某氏が適当に 発案したものです。この前の宴会でちゃんと説明してくれてたような気がしますが、 忘れてしまいました。(^^;; 本人が説明してくれるのを待ちましょう。

Feature of variants ですが、 私としてはあんまり広まらない方が嬉しいです。特徴は邪悪な機能ですか。 まだ多くの人があぁいう機能を必要だとは信じていなかったりします。 まぁ、Debian に入った時点ですでに手遅れなような気はしますけど。:-) :-)

Emacs 20.6.90

まだ download が完了しない。どうして今回は ftp.m17n.org に置かれていないん だろう。

www.sodan.org から落すとすごく快適に落ちてくる。なぜ? とりあえず、ftp で pub/emacs の下に例の名前で置きました。 あると信じて取りましょう。

cvs.m17n.org

忘れないうちに SSH public key を送る。(半分忘れかけてたけど。) cvs.xemacs.org みたいに、pserver 経由で checkout して SSH 経由で commit するように変更しようと思ったけど、面倒なので後回し。

近山研飲み会

なぜか五月祭前日に飲み会。すばらしいことに全員参加。 D2 の Y川さんと話をしていると数人溜まっていたところに 紛れこんでしまったので、流れで2次会も参加。 こっちは M1 以下は私しかいなかった。

* 2000/05/25

XEmacs and buinutils

情報ありがとうございます。今 mule-ja での announce を読み返してみると、 unexelf のことが書いてあったりします。(;_;)

守岡さんからも patch が出ていますので、どうするかはこれから考えます。 ... で、考えた結果、FSF Emacs に synch するかどうかは他の人に 決めてもらおうという結論に達しました。 ところで、守岡さんの日記はどっかに復活したりしないのかなぁ。

そういえば、Emacs 20.6.90 が存在することなどすっかり忘れてた。(^^;;

* 2000/05/24

Debian woody

XEmacs が Doug Lea malloc を使っていると malloc_set_field で失敗したり、 system malloc を使っても変なところで segmentation fault を起こしたりして build できないので、何となく FSF Emacs を build してみるが、Emacs も dump した後に segmentation fault を起こす。XEmacs を pdump で build すると 無事に動くので、unexec 関係が壊れたのは間違いなさそう。glibc の問題 じゃないかと予想しているけど、Andreas さんから反応が無いということは 問題は別のところにあるのだろうか。XEmacs 21.1 は build に成功したりして よくわからない。

で、XEmacs 21.2 の unexelf.c を XEmacs 21.1 ので置き換えて CONST を const に 変えたら無事 dump できた。??? とりあえず xemacs-beta に出してみるか。

結局ごちゃごちゃといじって、とりあえず build できるようになったので patch を出す。ただし unexec の部分は全く理解していない。

* 2000/05/23

T-gnus

最新版にしたら、URL らしきものの認識がばかな version だったので、 何も考えずに t-gnus-6_14-quimby に移行。

ARTIFICIAL INTELIGENCE (A MODERN APPROACH)

また英語の本が増える。(;_;) でも、日本語版とは比較にならない安さである。PRENTICE HALL INTERNATIONAL EDITIONS 万歳。

semi-gnus-ja

寝惚けた comment を書いてしまったが、気にしないことにする。(^^;;

* 2000/05/22

XEmacs

mail を取り込んでいる最中に crash するとは...

EMY

WEMY を merge したことで、最近 WEMY user の山岡さんを開発者として獲得。:-) これで楽できるかな。

CVS manual package

とりあえず ここに 置いてみる。公開鍵を公開していないので署名しても無意味なんだけど。(^^;; Developer's Reference を読んで初めの第一歩が大変なことを知り、 本体に置けるようになるのは諦める。もうちょっとまともな package を 作りたくなったときに考えよう。

MD5

何となく mew-dist に突っ込みを入れる。

* 2000/05/21

XEmacs help-mode

私も不便だと思ったので、FSF Emacs から持ってきて実装したら veto が来たので、そのまま忘れています。最近あんまり describe-function をしないのが大きいかも。

EMY

WEMY を merge して変数 mime-use-widget を新設。 ほとんどいじっていないので、気にいらないところもあるけど、とりあえずは 動いているみたい。

* 2000/05/20

A TIME TO KILL

ようやく読破。わからない単語は全部すっ飛ばして読んだので全然語彙は 増えていない。最後の100page は一気に読んでしまった。

Debian

何となく cvs-1.10.8 の manual の日本語訳の deb を作ってみる。 月曜日にはどっかに置こう。

* 2000/05/19

Mew package

patch を送るのをさぼってる間に、Steve さんが update してくれた模様。

EMY

実験によると、emacs-mime-ja で URI を書いたり、ここから link を張ったり すると download が増えるらしい。前者の影響の方が大きいらしいことも判明。

* 2000/05/18

EMY 1.13.6

Released. Patch はたぶん来週。今日と明日は cvs.m17n.org は停電で止まっている そうな。

でももう復活しているんだけど。:-p www.sodan.org からはなぜか cvs.m17n.org につながらないけど、 mole.logos からはつながるので、patch も作って scp で置く。

で、北目さんへの私信。

1.13.4 よりは安定していると思いますので、時間があるときに Debian の package を update しておいてくださるとありがたいです。

WEMY unofficial. 山岡さんはやすぎ。

EMY @ Debian

すばやい対応ありがとうございます。

* 2000/05/17

XEmacs

ようやく Ben さんの変更を lispref に反映させる。 結局どこに行っても文書をいじっているような気がする。

しばらく眠らせていた manual の patch をがんがん送りつける。

EMY

Release しようとして Tag を打った直後に cvs.m17n.org がお亡くなりになって しまった。とりあえず明日まで延ばそう。

Diary

ようやく cvs add を忘れていたことに気がつく。

* 2000/05/16

EMY

まだ code name を考えていない... ついでなので、もうちょっと壊しておく。 とりあえずちゃんと動いているらしいので明日 release か? もうちょっと壊して W も merge して変数で切り換えられるように しようか、と思うもののかろうじて思い止まる。

もしかしたら、今回のは MULE 2.3 でも無修正で動くかも知れない。 絶対 support はしないけど。そういえば、ほとんど誰も気付いていないような 感じだけど、EMY は Emacs 20.4, XEmacs 21.1 以降を要求するので、 SEMI 群のなかでもかなり急進的である。なのに Debian に入っちゃってるけど。:-)



copyright (c) Yoshiki Hayashi <penny@sodan.org>