2000年4月1日から4月15日

* 2000/04/15

EMY

XEmacs 上で Multipart で、最初が text/plain, 次が image の part で buttonize すると最初の part の button が表示されないことが判明。 どうも XEmacs の bug っぽいのでとりあえず気にしないことにする。

XEmacs

一応 test 用に Wanderlust を入れてみると、progress gauge が途中で 止まる。で、その後ほぼ確実に crash. 再現条件が絞り込めるまで、 ありがたく使わせてもらおう。XEmacs と Wanderlust の bug を1つずつ 発見。

* 2000/04/14

XEmacs

私の環境では gnus の group buffer で m C-g を連打することによって 確実に落とせたので、bug を3つ発見することができた。少くとも C-g を打つ時間を稼ぐためや、新しい frame を作るために message-use-multi-frames を t にしていないといけないのはわかったが、その他の再現条件はよくわからない。 Gnus でも gnus-buffer-configuration を設定すれば再現するような気はするけど、 よくわからないので mailing list には書かなかった。

bug は、redisplay の中で QUIT ができてしまっていたのと、Feval を 明示的に呼んでいたものがあった。後、unbind_to_hairy で check_quit を していて QUIT できてしまうというものも。unbind_to_hairy で QUIT できて しまうというのは完全に狂っていると思うのだが、ChangeLog にもそんな 変更は記載されていない。先史時代の遺物?

もう一個、一回これをやると X の error を吐きまくる bug があるので、 再現条件を絞り込んで、後は Andy さんにまかせることにしよう。

その後の Ben さんの follow によると、check_quit が悪いんじゃなくて、 その先のところで X の error を吐き出しているのが悪いらしい。

Linux Conference

とりあえず登録。守岡さんをひやかしに、じゃなくて、つくばでのお礼を 言いに、でなくて、京都での生活を聞きに、でもなく、発表を聞きに いく予定。追い返されないことを祈る。(^^;;

DoCoMo

ふと思い立って、MOBILE DATA CARD 96P を使って Linux から ISP に 接続してみる。無事に接続できて非常に驚く。もし Linux から Doccimo を使って 64Kbps で接続できるなら、考慮する価値はある。 接続できなかったら、再び Meadow user になっていたりして。(^^;; でも PC CARD は値段が張るんだよなぁ。

* 2000/04/13

Linux Conference

既に守岡さんの異動場所が公けになっている。

XEmacs

風邪で頭がぼけて high になっているのか、あまり考えずにまたもや2つほど patch をあてる。 今月に入ってからはがんばっているので、non reviewer の patch で status unknown なものは Windows 関係のもの1つだけのはず。

Misc

何だか小関さん antenna に捕捉されているような気がする。:-)

EMY

ちゃんと上野さんの EMIKO の変更を頂いておく。

URL

mew-dist から拾う。こういうことが行われるはずだったのか。

EGCS 20000410

Build 成功。

ちょんまげうらない?

Joke としておもしろいので、試してみる。 私は 剣客 らしい。

* 2000/04/12

zzzzzz...

風邪気味で調子が悪いのでひたすら睡眠を取る。本当は秋葉原に行って、 100 base の ethernet card を買って、ついでに携帯を買い換えようと 思っていたのだが。

X-Mailer

某研究室で見かけた X-Mailer. Mew version 1.70 on Emacs 19.28.2 / Mule 2.2 うーむ Mule 2.2 とは......

* 2000/04/11

Leopard

名前だけ決まっているけど、まだ動かない。(;_;) card を認識してくれないのは なぜだ。とりあえず Kondara 1.1 にはしてみたんだけど。相変らず X から install すると package を入れ終わった後で固まるなぁ。ちゃんと報告すべき なんだろうけど、known problem かどうかを調べたりしなきゃ。 (注) 昨日 network install 時に固まったのは解像度の設定を間違えたから。

とりあえず、本体の方は最新の tulip driver にして試してみる予定。 で、結局 card は別の machine に移動して試されている様子。 lspci でみつからなかったときに気付け。> 自分。おかしいな、とは思ったんだが... こっちは新しい card 待ち。EtherExpress にしてくれることを祈る。 隣にある pig (Pentium 200, Kondara 1.1) 君は 3Com 3c905 らしい。

Meadow 宴会

4月22日に決定らしい。上野さん、飲み会なんですけどどうでしょう。

やった。参加されるらしい。泥酔モードが楽しみ。というか、もっとしゃべって 頂かないと。(^^;; 一応、参加者の中で himi さん、圭一さん、上野さんは 認識できる。後の人は初めて。後11日もあれば風邪も直っていることだろう。

創立記念日

明日は創立記念日なので授業は無いらしい。

携帯

上着を脱いだ後、その上に座るという芸当をやらかして、アンテナの先の部分を 折ってしまう。狙ってもなかなかできないような気がするのだが。 2年以上使っていて、しょっちゅう切れたりして評判が悪いのでいい加減 買い換えろということなのだろう。

* 2000/04/10

Jini

何か、ちょうどその前の日に Sun の Jini のあたりをうろついていたりします。 やっぱり上野さんには特殊な能力があるのでしょうか。さすがにいきなり 仕様書には行きませんでしたが。(^^;;

Courier IMAP

実は私はローテクな人間なので、Courier IMAP 等が install されているにも 関わらず、常に nnml で生活していたりします。だって手元に Imap server を 立てるのは面倒なんだもん。:-P

「Meadow 使おうよの会」発足準備会

Meadow を使わなくなった人間でありながら参加表明していたりします。 みなさんいじめないで。(^^;

Misc

Smiley が多すぎるような気がする。うーん。どうあがいても Laser5 Linux で LAN board を認識してくれなくて苛立っていることの反動だろうか。 Laptop には Kondara 1.1 の CD image を落としつつ、となりの Pentium 200 の ぼろマシンには Kondara 1.1 を network install しつつ、Laser5 は kernel の 再構築中。結局 ifconfig に失敗するので諦める。明日 Kondara 1.1 を試してみよう。

ようやく Pentium 200 の machine に Kondara の install 完了。 途中で X の display を失敗して固まらせたのが痛かった。

patch -l

whitespace が狂っている patch をあてるには -l を使うと良いらしい。 Hrvoje さんに教えてもらう。

* 2000/04/09

PostgreSQL

Tutorial を読破。XEmacs Lisp binding で遊ぶ。xemacs-patches の 4月分の status list を作ってみる。もう少し SQL を理解してから、 公開できるような状態にできればいいなぁ。

* 2000/04/08

TCP/IP 本

ようやく13章 (TCP) まで読破。

* 2000/04/07

XEmacs

友人が Software Design を持ってきたので Vine の紹介記事を見る。 で、よくやる間違いが書かれている。XEmacs is not Emacs with X extension.

個人的には Mule 機能は XEmacs 21.2 じゃないと結構嫌なのだが。 auto-fill とか、load 時の code detection とか。 はやく feature freeze して欲しいなぁ。

Patch をあてまくる。日本語 Man page も OK. Debian と Kondara の bug tracking system への message の追加の方法がわからないので、 package が release されるまでとりあえず先延ばし。Debian はたぶん 番号の書かれている address へ送れば良いのだろう。Kondara はさっぱり わからない。

WEMY

どうでも良いことだけど、WEMY は WEMI とすごく紛らわしいように 感じるのは私だけ?

* 2000/04/06

ThinkPad 240

何気なく w と叩いて発見したのだが、3月14日から login しっぱなしらしい。

IMAP

2つ ssh の session をはるのがようやく面倒になってきたので、SSL を 使うように変更する。nnimap-stream を ssl にするだけで簡単に動いた。

* 2000/04/05

PSC2000

こんなものがあるらしい。転送元のメールのアドレスを見ると京大の 岡部さんだった。世の中狭いもんだ。ところで、差分法による拡散方程式の数値解法 って何?

ACM プログラミングコンテスト

国内予選のシステムは近山研で動いているらしい。せっかくなので 近山研から誰か出ないか、ということらしい。 あぁいうひっかけ系でアルゴリズムを問うような問題は得意ではないので、 とりあえず知らないふりをしておいた。もし出るなら sodan.org の team の 方がおもしろそうな気はする。

EGCS 20000403

Build 成功。相変らず XEmacs を build できない。 もうちょっと調べてみると、問題は XEmacs の方にあるみたい。 DOESNT_RETURN から volatile をとっぱらったら compile できるようになった。

* 2000/04/04

Lab

初ミーティング。B4 のための部屋の掃除。他の研究室と同居しているので 窮屈。共用計算機として Pentium 200 の machine を取得。Kondara 1.0 を install しようと試みたものの、全部インストールがおわった後で、 以前にインストールされているファイルを調べています、か何かを表示したまま 固まる。仕方がないので Laser 5 Linux を入れる。いろいろと古すぎで、 いきなり嫌になる。tar を rebuild しただけで挫折。:-)

帰っている最中に、やっぱり Kondara 1.1 を network install しようという 気になってくる。しかし、誰かあの machine を使うのかなぁ。 print server という役割を担っていなければ Debian を入れるのだが。 例によって例の如く、自分の環境は毎日持ち運んでいるので、 他の環境整備には身が入らない。network 自体は 100Base の switch だし、 ちゃんと UDP も通るみたいだし、某所よりはかなりいい感じ。

* 2000/04/03

Misc

online 環境に復活。明日は研究室のミーティング、明後日は学部のガイダンスで、 その次からもう授業は始まるらしい。(;_;)

Debian and XEmacs

どこにも libXext が壊れているなんて report が無いので、おかしいなと 思って xlib6g を apt-get で強制再インストールしたら直った。 そもそも何で壊れたんだろう?

XEmacs Japanese man page

Debian の BTS もうろつくと同じようなことが書いてあるのを発見。 しかも patch の URI も書いてある。coding-system-for-read を euc-jp に hard coding したりしているので、間違いなく veto だけど。 Upstream maintainer に forward すると書いてあるが、そんな message を 見た記憶は無い。??

Meadow FAQ

.htaccess を commit したら、RewriteEngine が compile されていなかったので こける。仕方がないのでついでに Apache 1.13.12 に update. ようやく auto forward されるようになる。

EMY

そろそろ 1.13.5 を release しようかと思っていたら、Elips の山岡さんの message で buttonize すると狂うことを発見。うーむ。

EGCS 20000327

Build 成功。と思ったら XEmacs を build できなくなってしまった。(;_;)

* 2000/04/02

本棚

引越ししてから一年間、本を実家に持ち帰らずにためこんでいたら、生活する 領域がほとんどなくなってきたので、観念して本棚を買った。 意外に本は多かったらしく、本棚に入りきらない。こんなことならもう少し 大きな本棚を買うんだった。

* 2000/04/01

Misc

守岡さんの注文通り、自分の URI を表示してみる。

Misc

読書の日。怒涛の一週間の疲れか、英語を読むとすぐに眠くなる。 日本語モードで読んでいるし、さっぱり。



copyright (c) Yoshiki Hayashi <penny@sodan.org>