ProFTPd を inetd から立ち上げる際の注意

(tcpd でアクセス制限を一括管理するために) ProFTPd を inetd 経由で立ち上げた時に、

それでも server shut down (Maintanance in progress) -- please try again.. とか言われて、全然つながらないときがあります。特に、前に1度でも standalone で立ち上げる実験をしていた場合に。

その時は、/etc/shutmsg を消してください。普通につながるようになります。

これ、RedHat 系の /etc/rc.d/init.d/proftpd で stop した時にできるらしい。これを見て「メンテナンス中だ」と判断しているようです。

(本当は ProFTPd 側でアクセス制限した方がいいのかな? ま、どうせ anonymous ftp なんて開けてないし。(怖いから))