ぼくたちのゲンズブール。

(目下、資料蒐集中)

あのひとたちのゲンズブール

ゲンズブールとバーキンのこと#1

《――あなたにとって、セルジュはどんなパートナーでしたか。「セルジュ は愛する人を芸術的に高める才能を持っていた。彼の指示には全面的に従った わ。歌については地声よりかなり高い音程でささやくように歌うことを要求さ れた。最初は苦労したけれど、結果的に私の個性を引き出してくれた」》(おしゃれが人気、フレンチ・ポップス 60―70年代のブーム再来?, 読売新 聞 99/11/27 東京夕刊 芸能面)

ゲンズブールとバーキンのこと#2

《頭ボサボサで無精髭というゲンズブールのスタイルは、ジェーンの好みな んです。よくジェーンは、ケンズブールに調教されたなんていうけど、逆です よ。ジェーンがセルジュを調教した。ジェーンは、ブ男好みですから。》(二人で語るセルジュ・ゲンズブール)

"Je t'aime... Moi non plus"

歌詞, 歌詞英訳

"Je t'aime... Moi non plus" のこと#1

《Je t'aime, moi non plus DOES NOT mean I love you no more! It means "I love you" and the reply is "Me neither". It's strange - but true. It's a play on words. If you don't believe me, ask any COMPETENT linguist!》-- Jean-Philippe Martin(jeanphilippe2000@caramail.com), April 06,2001.

"Je t'aime... Moi non plus" のこと#2

《I have a vision of a better world, the world of Surrealist personal relationships. Romanticism took 200 years to become the love discourse we use today. Surrealism will therefore become the template for love talk by the year 2150.

    He: I do-don't feel sorry.
    She: I love-hate you. Fuck you-fuck me.

Background music: Serge Gainsbourg singing 'I love you (me neither)'.》 -- Momus (nick@momus.demon.co.uk), February 16, 2002.

ぼくのゲンズブール

(未完)

ぼくの「ぼくたちのゲンズブール」

(未完)

ぼくたちの「ぼくたちのゲンズブール」

ご感想をお聞かせ下さい。

(いえ、感想の送付に期待している/いないにかかわらず、僕はここにはこう書 くしかないのです。)

ぼくの「ぼくの「ぼくたちのゲンズブール」」, ぼくの「ぼくの「ぼくの「ぼくたちのゲンズブール」」」, ぼくの「ぼくの「ぼくの「ぼくの「ぼくたちのゲンズブール」」」」, ...

知るか!